トップページへ
ご注文について
特定商取引法に基づく表示
バブーシュ
モロッコのラグマット
モロッコの陶器
モロッコの香水瓶
ご注文用メールフォーム
チュニジアの陶器
ティーポット
モロッコのポストカード
モロッコのコセマの食器
モロッコのグラス
アラベスク模様のTシャツ
モロッコ・チュニジア雑貨のトップへ
モザイク・アトリエ・アガディールへ
チュニジアのタイル
モザイクの鏡
モザイクの時計
モザイクの植木鉢
オリジナルアラベスク模様商品へ
モザイク注文制作
モロッコのキーホルダー
チュニジアのグラス
モザイクの壁掛け時計・鏡・植木鉢etc."モザイク・アトリエ・アガディール"
チュニジアの鳥かご
チュニジアのキリム
チュニジアのタイルミラー

店主プロフィール?

菅原眞咲
 アガディールの店主でモザイク作家。“モザイク会議”会員。
 博物館学芸員有資格。インテリア・コーディネーター有資格。
 学生の頃に大学の図書館で見たアフリカの写真集の中で、さまざまな色彩とエキゾチシズム(異国情緒)に溢れたモロ
ッコの写真の印象が強烈で、またイスラムのモザイク装飾の美しさにも強く惹かれて初めてモロッコを旅行しました。飛行機でパリからカサブランカに着いて 空港から一歩外に出た時、アフリカの太陽光線の強烈さに「おお!来たぜアフリカ!」と感動し、次の日マラケシュへやって来て、当時バックパッカーだった私はハイシーズンにもかかわらずホテルは当然予約なし。いくつかのホテルに「C'est complet(満員だよ)」と断られた後にみつけたホテル。ジュラバ(モロッコ人男性の民族衣装---夜に見るとすごくエキゾチック!)を着たレセプショニストがアラビアンダンスミュージックをならして踊りながらチェック・インをしてくれたので、「おお!来たぜモロッコ!」と急にテンションが上がり旅の疲れはどこへやら、それから旅行中ず〜っと絶好調!でした。マラケシュの町をレンタルバイク(YAMAHAのオフロードバイク でした!おまえもはるばる日本からやって来たのね!と愛おしかったです。次は絶対自分のバイクでアトラス山脈を越えるぞと心に誓ったもののその夢は未だ実現していません。)で走り回り、民営バスでアトラス山脈を越え、ジャマ・エル・フナ広場の屋台ではタジン、クスクス、ハリラ…とにかく食べまくり思い切り楽しかったです! 左の写真は、その初めてのモロッコ旅行の時、ホテルの同じ階に泊まっていて仲良くなったアガディールから来たモロッコ人家族の子供達と一緒に撮ったお気に入りの写真です----前日の大晦日遊び過ぎて頭がガンガンしてた元旦でした----翌2日には元気にバスで7、8時間かけてワルザザートへ。ホテルのトイレとシャワーは共同なので順番待ち。シャワーが空くと彼女たちが知らせてくれ…一緒にオレンジを食べ…別れの朝彼女たちがくれた一個のオレンジ、大事にワルザザートまで持って行きました。ワルザザートのホテルで食べたそのオレンジはとってもおいしくって…☆。私が着ているのはモロッコの女性の民族衣装“カフタン”です(私のお腹が膨れているのは太っているのではなく真冬で下にセーターを着ているからです☆)。写真を撮ってくれたのはジュラバを着たホテルのレセプショニスト。
 モザイクはその直後から作り始め、個展やグループ展をしたり、アート・クラフトフェスタに出品したりして販売、そして2006年11月末、モザイクとモロッコ雑貨の WEBSHOP をオープンしました。。
 モロッコではカフェやレストラン、ホテル、スークのお店、公園、神学校やモスク、そしてもちろんモロッコの人たちの家も、町中のいたるところ、人々の日常生活の中にどこにでもモザイクの装飾があり、しかもそれが多くの色を使った複雑なデザインのアラベスク模様だったりします。また窓のアイアンの装飾、ドアに描かれた手描きの模様などもみなとてもデザインがかわいいのです。モロッコの人々の日々の生活のいたる
ところが色とりどりのモザイク美術に彩られ、素敵なデザインで飾られているということ、とても素敵ですよね。
 そんなモロッコの生活に憧れ、私もここ日本で日々の生活に彩りを添えることができるような素敵なモザイクの品々を作りたいとがんばっています。どれ
も時間と手をかけて丁寧に作っていますので、自信を持ってお薦めできるものばかりです。
 モロッコ雑貨も、買ってくださった方にご自宅でモロッコ気分を楽しんでいただけるよう、日々の生活に彩りを添え
ることができるようにと、色のきれいなもの、エキゾチシズムに溢れアラビアの香りのするデザインのよいもの、質のよいものを一生懸命選んでいます。

トップページに戻る